ライフハック

ネットスーパー比較。イトーヨーカドーと楽天西友のメリット・デメリットは?

投稿日:

ネットスーパーをフル活用しているかなたです。子どもが生まれてからは、月の食料品の8割以上をネットスーパーで購入しています。

「頼みたいときに」「頼みたいだけ」頼めるネットスーパーは、通常のスーパーでお買い物するのとほとんど同じ感覚で使えます。

店舗で購入するのに比べると高めの値段設定になっているのですが、1回あたりのお買い物でみると差額はわずかです。
もちろん、わずかといえど出費は増えるのですが、実店舗であれば大きいカートにカゴ2つ載せて目いっぱい商品を入れ、下の段にはお茶のペットボトルのケースを載せ、ひとりでは到底持ち運べないくらいの量の買い物をしても、数百円未満です。
※我が家は最寄りのスーパーがお高めなのもあって、100円~200円程度の差だと感じています。もし、普段から安いスーパーを利用できているなら、500円以上の差になるかもしれません。

いずれにしても、ネットスーパーであれば、全てお店の方が袋に詰めて玄関先まで持ってきてくれます。
週1回程度のまとめ買いをしているという人であれば、お買い物って結構な重労働のはず。うまく使えばそこまで値段もアップしないので、ぜひ1回試してみてほしい!と思っています。

では、どこのサービスがよいのか?悩みますよね。

私は、今は「楽天西友ネットスーパー」をメインに使い、「イトーヨーカドー」をサブで使っています。

それぞれのサービスのよいところ、悪いところを紹介します!

イトーヨーカドーネットスーパー

イトーヨーカドーのネットスーパーは、利用する前にどの店舗から配達してもらうかを選ぶシステムになっています。

私の住んでいる地域だと、近隣の三店舗から選べるのですが、地域によっては選択肢がひとつしかない場合もあるかもしれません。(配送可能な店舗があるかどうかは、登録前に住所を入力するだけで調べることができます。)

で、店舗によってサービスに若干の違いがあるようなので、地域によっては状況が違うかもしれないことをご承知おきのうえご参考ください。

イトーヨーカドーのメリット

◎注文の締め切りが遅く、すぐに受け取れることが多い

イトーヨーカドーは、当日の朝~午後イチに注文しても、その日の夜の配送に空きがあることが多いです。夜の最終便は20~22時の間に配送される便ですが、家から近い店舗であれば、発注締め切りはなんと当日16時。(遠い店舗だと当日9時だったりします。)さすがに16時に注文しようとしても空きがあることはまずないのですが、少なくとも前日夜に注文すれば、ほぼ確実に翌日には受け取れます。これは嬉しい。

楽天西友だと翌日の便は空いていないことも比較的多いので、利便性の面では圧倒的に勝っています。

ちなみに、配送時間はどちらも2時間区切り(その2時間は家にいる必要あり)で、最終便は20~22時と同じ条件です。仕事終わりでも何とか受け取れるので助かりますよね。

○日用品や生活雑貨も買えて、品ぞろえ豊富

イトーヨーカドーって、大型店舗だと、何フロアもあって生活雑貨や衣料品まで買えるところもありますよね。そういった店舗から配送してもらう場合、取り扱っている商品が豊富です。

まず、食品は同じものでも複数メーカーを取り揃えていることが多いです。(楽天西友だと一つの食品は一種類しかない場合もあったりします。)

さらに、食品だけでなく他のフロアの商品も一緒に届けてもらえます。(しかも、食品などと同じくらいのスピードで。)
私は一度、母の日のギフトにするためにキッチン雑貨(ティファールのハンディチョッパー)を注文したことがあります。Amazonより数十円高かったのですが、食品のついでにまとめて配達してもらえたので、とてもありがたかったです。

その他、これは楽天西友ネットスーパーでも購入できるのですが、ラップや洗剤、トイレットペーパーなどの日用品もあります。(これも最安!という感じではないですが、一番安いドラッグストアまで行く時間なんてない、という感じであれば十分許容範囲内かと。)

とにかく忙しいからこそネットスーパーを頼りたいわけで、いろんな商品をできるだけ一度に受け取れるのはありがたいですよね。
また、私は出産後にもずいぶんお世話になったのですが、新生児が家にいるとできるだけチャイムの鳴る回数を減らしたくなります。(子どもが起きちゃうので。)そんなとき、日用品をまとめて受け取れるのは助かりました…!

〇肉や冷凍魚の大型パックが安くて便利

個人的にはこれ、めっちゃ便利です!!
後述するように、全体的に楽天西友ネットスーパーの方が安めだと感じますが、牛肉や豚肉の大型パックなどはイトーヨーカドーの方が安いこともあります。

特に便利に感じているのが、冷凍鮭の大型パック。私の使っている店舗では10匹入りで1200~1500円(近隣のスーパーよりはずっと安い)なのですが、冷凍のまま届けてくれるので、そのままジップロックに移して冷凍保存しています。使いたいだけ取り出せるので、解凍してメインのおかずにしたり、パスタの具にしたり、夫が食べ足りないときに勝手にチンして食べていたりと、とっても便利に使っています。
この鮭を買うためだけに、今でもイトーヨーカドーをサブで利用していると言っても過言ではありません。(西友でも売ってくれないかな…。)

イトーヨーカドーのデメリット

△「○○円以上で送料無料」はなく、配送料がかかる

購入金額にかかわらず、配送料は一律324円です。
ただし、「子育て応援キャンペーン」というサービスに申し込むと配送料100円になります。これは、交付日から4年以内の母子健康手帳を提示するだけで申し込むことができ、その日から4年間有効です。(コピーなどを用意する必要はなく、初回の配送時に配送員さんに見せるだけでOKです。)

日々の買い物で払う費用だと思うと、ちょっと気になるお値段かもしれません。ただ、まとめ買いすれば月3~4回なので、まぁ100円なら許容範囲かなと私は思っていました。324円になるとしても、玄関先まで来てもらえて、しかも最速当日、普通に店舗まで買い物に行くくらいの気軽さで利用できることを思えば、困ったときの助っ人としては十分活用できるように思います。

逆に考えれば、ネット通販でよくある「あと少しで送料無料だから何か買わなきゃ…」で、余計なものを買う心配がないのは、よいこと、かもしれません。

×ケース売り飲料の品切れがとても多い

飲料のケース売り(2Lペットボトルが6本入っているもの)は、めっちゃよく品切れしています。特に私が買いたい麦茶のケースは高確率で品切れしていて、最近ではむしろ品切れしていないことの方が珍しいです。

私の場合、ネットスーパーを使い始めた動機は「2Lペットボトルを持ち運びたくない/持ち運べない」なので、これは最大のデメリットです。

×広告商品の売り切れも結構多い

イトーヨーカドーでは、16時~17時の間はサイトが使えなくなって、商品が翌日のものに切り替えられます。広告の商品は、この品出し時間のすぐ後でないと品切れになっていることが多々あります。数量限定の98円の卵などは、私はタイミングが悪いのかほぼ品切れになっているのしか見たことがありません

あと、「〇日~〇日の配送限定」というセール商品が結構あるのですが、その日の配送はもう締め切られていて買えるものが少なくて困る…ということも稀にあります。たまたまセールの切り替えタイミングに当たらなければ大丈夫なのですが…。

総じて、広告関連のUIが微妙に使いづらいです。

番外:nanacoポイントがたまる

イトーヨーカドー系列なので、nanacoポイントがたまります。あと、赤ちゃん本舗などの系列店のネットショップが同じサイト内で使えます。(ただし、一緒に配送してくれるわけではありません。)

その他、たまにポイントが当たるキャンペーンだとか、イトーヨーカドー系列で使える商品券をもらえるキャンペーンをしていたりします。この商品券のキャンペーンは(楽天系列の謎に複雑なセールのシステムに比べると)明瞭で使いやすいです。対象商品を2500円買うと、500円の商品券がもらえます。(配達員さんが商品と一緒に持ってきてくれます。)

楽天西友ネットスーパー

楽天西友ネットスーパーのメリット

〇全体的に安め

全体的に、楽天西友はイトーヨーカドーに比べると安いことが多いです。

比較してどちらが安いかというと、生鮮食品(野菜など)は日によりけり、商品によりけり。
一方で、日配品では楽天西友の方が大差をつけて安いケースが多いと感じています。一番驚いたのは、ヨーグルトドリンク(R-1)のケース売りが、楽天西友の方が200円近く安かったことです。(たまたまそのタイミングだけだったのかもしれませんが。)
ただし、前述したように肉や冷凍魚の大型パックは例外。特に肉類は、イトーヨーカドーの方が少しだけ安いことが多いかもしれません。

楽天西友は総じてお安めなのですが、それでも、西友の実店舗に比べると若干ながら高いことが多いです。
私は以前は西友の実店舗によく行っていたのですが(結婚前に住んでいた街では最寄りスーパーでした)、その記憶との比較だと、例えば2人前のパスタソースは、メーカー問わず全体的に20円くらいネットスーパーの方が実店舗よりも高めです。

〇5500円以上で配送料無料

5500円未満だと、432円の配送料がかかります。
ですので、少量の買い物であればぐっと割高になってしまいます。一方で、イトーヨーカドーだと金額にかかわらず配送料が必ずかかる(通常324円、子育て世帯なら100円)ことを考えると、どちらがお得なのかは一度に買う分量次第といえそうです。

ただ…、5500円って、家族の人数が多かったり、飲料や米などを買ったりすれば案外すぐに超える金額なんですよね。(私は飲料や調味料も含めてまとめ買いするので、最近は意識しなくても余裕で5500円を超えています。)

商品の価格自体が楽天西友の方がお安めなこともあり、価格面だけでみればトータルでみて楽天西友が勝っていると私は感じます。

※ちなみに、楽天にシステム統合される前、西友が単独でサイト運営していたころは「6000円以上」で配送料無料でした。私は当時、これがネックでイトーヨーカドーに移ったのですが、知らないうちに5500円以上に変更になっていました。500円といえど、「あ、微妙に足りないから何か買わなきゃ…」みたいなケースが大分減る設定変更ではないかと感じます。

楽天西友ネットスーパーのデメリット

×配送の枠が埋まりやすく、すぐに受け取れないことがある

前述したように、イトーヨーカドーは注文した当日の夜に配送してもらえることも多く、少なくとも前日に注文すれば翌日にはたいてい受け取れます。

一方で、楽天西友ネットスーパーでは、翌日の便は空いていないことも少なくありません。特に土日の便は埋まるのが早く、木曜日の夜に注文しようとしたら月曜日の配送になったこともありました。

ただ、配送時間はイトーヨーカドーと同じく2時間区切り(その2時間は家にいる必要あり)で、最終便は20~22時と柔軟です。枠が空いてさえいれば、仕事終わりでも何とか受け取れるので助かりますよね。

×毎回メールマガジンを登録させようとしてくる

何度断っても、注文のたびにメールマガジンを登録させようとしてきます。
注文画面で一番下までスクロールしてチェックボックスを外せばいいだけなのですが、毎回それをするのが地味に面倒です。これは楽天市場全体の仕様なので仕方がないのかもしれませんが、これが嫌で楽天市場を敬遠している人、私だけではないでしょう…。

番外:楽天ポイントがたまる。

楽天市場をメインに使っている人には便利です。期間限定ポイントが手に入ったけれど、楽天市場で必要なものは特に見当たらない、というときに利用するのもいいですね。
ただし、買い回りで安くなるキャンペーン(お買い物マラソン)は、楽天西友ネットスーパーは対象外です。

まとめ:利便性のヨーカドー、安さの西友

イトーヨーカドーと楽天西友のネットスーパーを比較してみると、配送までの速さ、品揃えの豊富さといった利便性の点では、イトーヨーカドーが圧倒しています。一方で、商品そのものの価格や配送料をみて、トータルの安さは楽天西友が上だと感じます。

私は妊娠中、重いものは持てないし、でも仕事で時間がないし…という状態で困っていたとき、イトーヨーカドーの配送の速さにとても助けられました。仕事の昼休みに注文すれば、仕事が終わってから受け取れたからです。一方で、育休中の今は、子育てにも慣れて時間的な余裕が出てきたので、楽天西友で少しでもお安くお買い物をしたいと考えています。

もちろん、「どちらも使ってみて、使いやすい方を選ぶ」のが一番でしょう。でも、あちこち登録するのも面倒ですよね。そういう方には、「注文したらすぐ届けてほしい」ならイトーヨーカドーを、「まとめて買うのでできるだけ安くしてほしい」なら楽天西友を、まずはお勧めしたいなーと思います!

一度体験すると便利さにハマってしまうネットスーパーライフ、ぜひ一度お試しを。

ちなみに…。

生協(パルシステム)やオイシックスなどの定期宅配サービスも便利そうだなーと個人的には思っているのですが、定期的に必ず届くとなると、その管理が結構めんどそうだなぁ…と尻込みしてしまいます。もちろん、必ずしも毎週買わなければならないわけではなく、「今週は買わない」ということもできるらしいのですが、その判断や設定がもう手間なんですよね。忘れてしまいそうですし。

あと、生協にしてもオイシックスにしても、「食の安全」を売りにしているので、国産で有機野菜、ブランド野菜で…みたいなものが多く、ちょっと割高に感じます。少なくとも大人の分は、そこまでこだわっていたら食費が高騰するので、普通の食材でいい!と思っちゃいます。

(今後、子どもの離乳食が始まるころには一時的に頼むかもなぁ…と思っていますが。特に生協は、離乳食用の野菜の裏ごしの冷凍とか、便利そうなものが多いんですよね!)

少なくとも、そうしたサービスよりは、ネットスーパーの方が割安に始められるかと思いますよ!







-ライフハック

Copyright© 引きこもりたい複業ママのしごと&せいかつ術|カナタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.