ライフハック 子育て

錦糸町パルコに赤ちゃん連れで来訪。安心して楽しめる新スポットでした

投稿日:2019年3月18日 更新日:

2019年3月16日、東京都墨田区にオープンした錦糸町PARCO。生後4カ月の娘を連れて偵察に行ってきました!

錦糸町は赤ちゃん連れに優しい

錦糸町って子連れで行きやすい町なんですよね。駅ビル(テルミナ)には赤ちゃん本舗があり、徒歩4~5分のショッピングモール(オリナス)にはベビザラスやトイザらス。もちろん、どちらも綺麗な授乳室が完備です。

近隣住民も赤ちゃん・小さい子連れが多いようで、平日も休日も駅前は子どもだらけ。赤ちゃんを連れていても安心して歩ける空気があります。

そんな錦糸町に、新たにできた錦糸町パルコ。「ファミリー層をターゲットにする」と明言しており、西松屋なども入っています。

これは行ってみねば!と思い、夫と4カ月の娘(抱っこ紐装備)と一緒に遊びに行きました。

地下鉄でもJRでもアクセス◎

私たちは地下鉄半蔵門線で来訪。プラットフォームから改札まではエレベーターがありますし、そこから一番出口までいけばエレベーターがあり、地上にでたら横断歩道を渡るだけで簡単にパルコにたどり着けます。(なお、パルコの最寄りは二番出口ですが、エスカレーター+数段の階段がありました。)

JRでも、南口を出たら横断歩道を渡ってすぐ。ベビーカーでも安心です。というか、パルコ内にもベビーカーの家族がめっちゃたくさんいました!

フードコート内にもオムツ交換台

私たちが行ったときはオープン2日目ということで入場規制をしていましたが、特に待つこともなくすぐに入れました。休日のお昼過ぎでしたが、1階のフードコート(すみだフードホール)もほどほどの混み具合で、テーブル席を確保できました。

フードコートは各店に専用カウンター席がついており、席数を底上げして回転率を上げている感じですが、その周りにはそこそこゆったりした配置でテーブル席があるので、(オープン直後の混雑が落ち着けば)ベビーカーでも余裕で使えそうだと感じました。車椅子で利用されている方も使いやすそうでしたし。

(なお、私は今回は抱っこ紐でしたので、娘を抱いたまま食べました。ながら食べスキルがどんどん上がっています…)

ちなみに、夫はハンバーガー(1490円)、私は海鮮丼(980円)を選びました!

フードコートの海鮮丼ということで、率直に言うとそこまで期待していなかったのですが、思いのほかとてもおいしかったです。※どうやら地元墨田区の人気店がテナントとして入っているとのこと。

私が食べたのは海鮮丼(並)ですが、十分満足しましたし、海鮮丼(特)は富士山のような盛り方で豪華! ちなみに3000円超のPARCO丼なるメニューもありましたが、昼過ぎに行ったときには完売していました。みれなくて残念。

他にラーメン、ハンバーグなどのお店も。全体的に価格設定はちょっとお高め(フードコートとしては)でした。もう少し安く食べたいなら、ちょっと歩くことになりますが、錦糸公園の向こうのオリナス(ショッピングモール)のフードコートの方が高コスパかもしれません。(よくある安めのチェーン店ばかり入っているので。)

ちょっとびっくりしたのは、このフードコート内には2つトイレがあったのですが、そのうち1つは多目的トイレでオムツ交換台がついていたことです。

フードコート内でも、わざわざ外のトイレを探しに行かずにオムツ換えできるのは助かりますよね。

キッズコーナーが素敵すぎる無印良品

4階はワンフロア全部が無印良品です。有楽町の無印良品(閉店してしまいましたが)に似た雰囲気があって、書籍コーナーがあったり、オーダーメイド靴下を編んでくれるロボットが設置されていたりと、いろいろな楽しみ方を提案してくれるコーナーがありました。

書籍コーナーには100円でコーヒーが飲めるサーバーも。飲みながらくつろいでいるお客さんがちらほらいました。

そしてこの無印良品、子どもや赤ちゃん向けのコーナーがとーっても充実!

無印良品の店内に授乳室があり、とても綺麗(これはオープン直後なので当たり前ですが)かつ温かみある雰囲気の空間になっていました。

また、その奥にはかなり広めのキッズコーナー「木育広場」。さまざまな木製のおもちゃが置いてあって、たくさんの未就学児が楽しそうに遊んでいました。

おもちゃは全部やわらかな手触りの木製です。子どもの背丈より大きなものから、おままごとキットなどまで、どれもとても可愛らしいものばかりでした。

うちの娘はまだねんね期なので、さすがに何も遊べなかったのが残念。

西松屋は面積小さめ、普段使いにはよさげ

西松屋は3階の奥まったところにありました。

実は私、自分の子どもが生まれてから西松屋に行ったことがなくて、今回が「西松屋デビュー」でした。

噂に聞くとおり服がお安い! スタイや靴下などの小物も含め、布物はいろいろあって楽しく見ることができました。ちょっとしたものを買うのにとても便利に使えそうです。

一方で、同じ錦糸町にある赤ちゃん本舗に比べると店舗面積はかなり小さめです。

そのぶんコンパクトにまとまっているので、全体を見通しやすく、目的の物を見つけやすいとは感じましたが、大きな物(特にベビーカーやチャイルドシートなど)を見たい場合は、錦糸町エリアなら赤ちゃん本舗やベビザラスも参考にした方がよいかもしれません。

まとめ:パルコ=若者のイメージ脱却?

パルコって、学生の頃よく行っていたこともあって、若者向けのイメージがとても強くありました。

でも今回、錦糸町パルコに行ってみると、(オープン直後だからということもあるでしょうが)ファミリーや年配の方もたくさんいましたし、子どもを連れていっても楽しく安心して過ごせるように、という配慮を随所に感じました。

もちろん、ファッションエリアはパルコっぽさのあるラインアップでしたけれどね!(今回は夫と娘と一緒だったのでほとんど見れませんでしたが。可愛い春物スカートが目に入り、後ろ髪を引かれる思いでした…。いえ、子どもを膝に乗せたりすることを考えれば着れないデザインだったんですけれど…。)

また、平日の空いている時間に(今度はできればベビーカーで)娘を連れていけたらなと思います!







-ライフハック, 子育て

Copyright© 引きこもりたい複業ママのしごと&せいかつ術|カナタログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.